このページのトップへ
ホーム » 施工例 » たつの市 屋根・外壁リフォーム ガレージ屋根カバー、プリント鋼板・ポリカ張り替え、笠木交換工事 カバー工法で新しい屋根にリフレッシュ 

たつの市 屋根・外壁リフォーム ガレージ屋根カバー、プリント鋼板・ポリカ張り替え、笠木交換工事 カバー工法で新しい屋根にリフレッシュ 

この記事についているタグ:やねリフォかべリフォ
DSC_0248
Before|After


DSC_5601
DSC_0248

ガレージの屋根の雨漏りでご相談をいただきました。屋根の上を確認しますと、全体的に赤サビが発生してしまっており、塗装によるメンテナンスも困難な状態になっておりました。塗装する場合には、サビを磨いて落としてから(ケレンして)サビ止めを塗って塗料を塗布しますが、現状で磨きますと、屋根材自体に穴があいてしまう状態でした。
DSC_5611
屋根材に赤さびが発生していました。
屋根材に赤さびが発生していました。
全般的にサビで真っ赤な状態でした。
サビが進行し塗装ができない状態でした。
すでに雨漏りを起しているようでした。
奥付(板金)のジョイント部のコーキングが切れておりました。

今回、既存の屋根の上に、新しい屋根材を重ねて葺く“カバー工法”を行うことになりました。カバー工法では既存の屋根材の撤去を行わないため工期も早く、撤去費用、処分費用もかかりませんので、リーズナブルかつスピーディーに新しい屋根を葺くことができます。


まずは既存の屋根材の上にルーフィング(屋根専用の防水シート)を施工し、その上から新しい屋根材を葺いていきます。こうすることで、防水性を持たせると同時に、新しい屋根材と古い屋根材の縁を切り、新しい屋根材への“もらいサビ”も防ぐことができます。

水上側の屋根材もしっかりと立ち上げて、雨水の侵入を防ぎます。最終的には見えなくなる部分ですが、雨漏りを防ぐためには非常に大切な施工です。
S__130359301
S__130359302

壁際も雨水が浸入しないように、屋根材を立ち上げて、さらに奥付水切りを施工します。板金の立上り部分は外壁内に入れることで雨水の侵入をしっかりを防ぐことができます。今回せっかくの機会ですので、外壁のプリント鋼板も新しいものへ張り替えを行いました。

この屋根材は”たて平葺き”の屋根材というのですが、水上から水下までは1枚の鉄板でできています。屋根の寸法を測って、工場で成形したオーダーメードの屋根材です。水上から水下まで1枚もので、継ぎ目がないため、非常に勾配ののろい屋根にも施工することができます。
S__130359304

屋根材の1枚の幅は350mmですので、水上から水下まで1枚の屋根材を屋根の幅の分、横方向に並べて葺いていき、隣り合う屋根材にはキャップを上からはめて、勘合部は“ガッチャ”と呼ばれる道具でしっかりと締め付けて固定します。屋根材自体はビスで屋根の野地板や垂木に固定しますが、ビスは勘合部にはめるキャップで隠れますので、ビス穴から雨漏りをおこすこともありません。


S__130359303
DSC_0247

今回、ガレージ横のポリカも張り替えました。ガレージと隣の離れとの間の通路の屋根なのですが、明り取りを兼ねてクリアのポリカを選択しました。ポリカの色も現在はバリエーションが豊富です。また、太陽光線の熱線をカットできたり、紫外線による劣化に強かったり、機能面でも20年ほど前のものより遥かに優れています。ちなみに、20年ほど前のものも”ポリカ”と言ったりしますが、本当は塩ビだったりします。便宜上”ポリカ”と呼んだ方が通じやすいので、我々もついつい”ポリカ”と呼んでしまいます。

また、外壁との取り合い部も、ただコーキングを塗って納めるだけではなく、加工した板金で水切りをつけています。一手間かけることでポリカと外壁との取り合い部からの雨水の侵入も防げ、見た目も少し重厚な印象になりますのでおすすめです。
DSC_0256

姫路・たつの・太子・相生・宍粟で屋根、外壁、雨樋、外まわりのことなら、そとリフォへご相談ください!20,000棟を超える施工実績でつちかった技術と経験で、お家の外装をトータルプロデュースいたします!
屋根診断、外壁診断、雨漏り調査、屋根の葺き替え、屋根カバー、外壁塗装、コーキング、サイディング工事、樋の架け替え、屋上・ベランダの防水工事、ドローン屋根点検、なんでもお気軽にご相談ください。
HP管理:川戸




ホーム » 施工例 » たつの市 屋根・外壁リフォーム ガレージ屋根カバー、プリント鋼板・ポリカ張り替え、笠木交換工事 カバー工法で新しい屋根にリフレッシュ