このページのトップへ
2019年02月22日年 の記事
当社は“屋根カバー専門店”をうたっておりますが、屋根カバーの工法にも様々なものがあります。既存の屋根の材質や勾配といった現状から最適なプランを検討し、お客様にご提案させていただきます。今回は増築部の雨漏りからのご相談です。カラーベスト(スレート)の屋根材で、屋根勾配ののろさが雨漏りの引き金となっているようです。
DSC_0418
DSC_0413
DSC_0410

カラーベストの重なり部は、本来は縁が切れており、そこから屋根材の下に入り込んだ雨水が排出されるのですが、おそらく雨が漏ったためでしょう、コーキングで埋められてしまっておりました。屋根の勾配がのろいので、雨水の排出よりも浸入させないことを優先的に考えての措置なのかもしれませんがこれは危険です。今回はこの屋根勾配でも対応できる“たて平葺き”の屋根材でカバーをすることになりました。


DSC_0531
DSC_0534

屋根カバーの方法は簡単です。構造用合板を既存の屋根材の上に重ね張りし、ルーフィング(屋根専用の防水シート)を施工します。その上から新しいガルバリウム鋼板の屋根材を施工して完成です。壁際等、細かい部分の板金の納まりを職人さんと綿密に打ち合わせし、雨が入らない最善の方法を模索します。屋根の下地の状態によっては、既存の屋根材を撤去してから新しい屋根材を施工する場合もありますが、カバーで問題ないと判断しました場合には、屋根をまるまるカバーして納めます。カバーの場合には屋根の撤去、処分費が抑えられるだけでなく、工事期間中も雨漏りのリスクを回避できますので、自信を持っておすすめできる工事方法です。
DSC_0543

外溝工事も着々と進んでいます。ブロック塀の解体後、コンクリートでベースを作ってから新しいブロックを積んでいきます。この後、フェンスと門を取り付けて完成です。古いブロック塀を撤去しますと、なんだか明るくなりました。


DSC_0464
DSC_0528

その間にも屋根の漆喰の打ち替え工事が完成しました。やはり新しい漆喰は見ていて気持ちがいいですね。


DSC_0448
DSC_0454

続いては雨漏りから屋根のカバーの依頼をいただきましたが、下地の木材の傷みがあまりに著しいために、下地の工事と屋根の葺き替えを提案させていただいた現場です。屋根材自身もサビが進行しており、軒天(屋根の下にある天井部分)の下地の木材も腐敗し、モルタルがすでに剥がれ落ちてしまっておりました。


DSC_0340 (1)
DSC_0348
DSC_0433
DSC_0429

既存の屋根材を撤去しますと、傷んだ木材が露出しました。著しく傷んだ木材を取り除き、新しい下地を組んで補強します。既存の野地の上に、構造用合板を張ってから屋根専用の防水シートであるルーフィングを張り、新しい屋根材を施工します。

小さな下屋根(1階の屋根)ではありますが、人が出入りする玄関のすぐ上の屋根でもありますので、出入りする人が雨で濡れてしまわないよう、軒先には雨樋を掛けて完成です。
DSC_0443
DSC_0438
DSC_0461
DSC_0536(1)
DSC_0543

今週は久しぶりにまとまった雨が降りましたね。雨降りの日にはやはり電話がなります。雨漏りの電話です…
職業柄、雨降りの日の電話は本当に「どきっ!!」とします。


DSC_0474
DSC_0523

しかしながら、雨の日だからこそ、雨漏りの原因の調査もできます。今回調査にうかがったお宅では、玄関の前がべちゃべちゃに濡れてしまう原因として、雨樋に穴が見つかりました。他にも、ポリカの屋根材と壁の取り合い部等、晴れた日には見つからなかった雨水の通り道を発見しました。雨の日を再現するように、ホースで雨水を掛ける”水かけ検査”も行いますが、実際の雨の流れとは異なることもあり、調査方法は現場や雨漏りの部位、状況によってさまざまです。また、雨漏り調査のため、天井をめくらせていただく場合もあります。今回の雨でも1件天井をめくらせていただきました。雨漏りの調査は原因の発見が難しく、長期間に及ぶ場合もあり、お施主様のご理解、ご協力が必要です。


DSC_5537
DSC_0538

続いては劣化したカーポートのポリカ(屋根材)の張り替えの現場です。なんと、ポリカが納品されるまでに、発注してから2か月近くかかりました…。昨年の大阪の地震や台風の被害からの材料不足が今だに尾を引いています。お施主様には大変長らくお待たせすることとなり申し訳ありませんでした。
DSC_0552
フレームとポリカの屋根材とのすき間に取り付けるゴム製のパッキンも縮んでしまっており、雨が漏りやすい状態になっておりましたので、コーキングで丁寧に仕上げました。また末永く快適にご利用ください。


DSC_0545

来週から屋根の葺き替えの現場が新たにスタートします。大量の屋根材を撤去して新しい瓦を葺きますので、荷上げ荷下ろしのために、ステージを組んでいます。朝、足場の職人さんと打ち合わせをすると、あっという間に組んでいきます。仮設足場の業者さんは2人組か3人組で来られることが多いのですが、息がぴったり合ったコンビネーションは、いつ見ても圧巻です。

この現場は屋根のカバー工事と違って屋根の葺き替えのため、既存の屋根材の撤去が伴います。これから気候も春に向けて雨が増えてきそうですので、工事期間中に雨漏りを引き起こしてしまわないよう、最善の注意が必要です。気を引き締めて着工します!
DSC_0549


当社は姫路・たつの・太子・相生・宍粟で地域密着の屋根カバー専門店です!20,000棟を超える施工実績で培った技術と経験で、お客様に感動をお届けいたします!ドローンでの屋根診断・外壁診断、雨漏り調査、お家のそとのリフォームのことなら、なんでもご相談ください!