このページのトップへ
ホーム » 施工例 » たつの市 屋根カバー・金属サイディング・雨樋架け替え やさしく家族をむかえるお家

たつの市 屋根カバー・金属サイディング・雨樋架け替え やさしく家族をむかえるお家

この記事についているタグ:やねリフォかべリフォといリフォ
DSC_5442
after


037
屋根材のカラーベストと、外壁材のサイディングの退色により、屋根も壁も防水性が切れてきており、リフォーム時期をむかえておりました。詳しい調査のために屋根に上がらせていただきますと、棟の板金の釘も浮いてきておりました。築年数のたったお家の屋根は、長年の風雨にさらされることで、こういった現象が起こります。このまま放っておきますと、台風や突風で、棟の板金がめくれ上がってしまうことになりかねません。
before


015
009
大屋根にくらべて日当たりの悪い下屋根は、コケやカビが生えておりました。屋根カバー工事に際しましては、まずは高圧洗浄によって、丁寧にコケやカビを除去します。きれいになった屋根に、屋根専用の防水シートであるルーフィングをはり、その上に新しい金属の屋根材を葺いていきます。
026
今回使用した屋根材は、ディートレーディング社のディプロマット兇箸いΣ虻材です。アルミニウムが多く含まれる、ジンカリウム鋼板という、サビにも強い非常に高耐久の屋根材で、なんと、30年ものメーカーの保証がついています。非常に軽い金属の屋根材に、石粒が吹き付けてあり、仕上がりもとても美しい屋根材です。
DSC_4219
018
020
外壁材のサイディングには、以前、塗装の際に、弾性のある塗料を塗ったためかと思われますが、風船のような塗膜の膨れが見られました。塗膜の膨れの発生要因としましては、塗膜と外壁の密着が弱く、塗膜と外壁間の空気が熱で膨張することで起こります。今回はこの上に塗装を施すのではなく、新しい金属製のサイディング(外壁材の板)を重ねばりしていきます。


使用した外壁材は、KMEWの「はる・一番」という外壁材です。まずは既存の外壁材の上に胴縁を打って、通気層を確保します。通気層とは、外壁の内側に外気が通り抜けられるように設けた空間のことです。通気層を設けることで、壁の中に入った水蒸気を外部に逃がし、外壁内の結露を防止します。外壁内で結露が起こってしまいますと、カビの発生や、木材の腐敗を招いてしまいます。

また、外壁材を新たにはるにあたり、サッシのまわりや、軒天(外部の天井)には“見切り”と呼ばれる板金を施工します。金属サイディングの切断面をきれいに隠す意味合いの板金の材料なのですが、当社は板金を自由に加工する曲板機という機会を自社に持っておりますため、他社では対応しにくい部分も、美しく板金で納めることが可能です。
DSC_4153
DSC_5448
DSC_5444
DSC_5441
今回軒先の軒樋は屋根材に合せてブラウンに、たて樋は外壁に合せてホワイトで納めました。屋根、外壁、雨樋に関してましては、機能面のみならず、デザイン面のコーディネートも、ぜひ当社におまかせください!!



姫路・たつの・太子・相生・宍粟で屋根、外壁、雨樋のことなら、そとリフォへご相談ください!20,000棟を超える施工実績で培った技術と経験で、お家の外装をトータルプロデュースいたします!
屋根診断、外壁診断、雨漏り調査、屋根の葺き替え、屋根カバー、外壁塗装、サイディング工事、樋の架け替え、屋上・ベランダの防水工事、なんでもお気軽にご相談ください。