このページのトップへ
ホーム » スタッフブログ » スタッフブログ » たつの市 コーキング打ち替え、外壁塗装 漆喰打ち替え 姫路市プリント鋼板張り替え

たつの市 コーキング打ち替え、外壁塗装 漆喰打ち替え 姫路市プリント鋼板張り替え

この記事についているタグ:やねリフォかべリフォといリフォ
まずはコーキングの打ち替えの現場から、先日、古いコーキングの撤去までをご紹介しておりましたが、新しくコーキングを打ち直しました。今回、外壁に塗装を施しますので、コーキングも塗装可能な“1液性変性シリコン”のコーキング材を使用しました。可塑剤(添加剤)の入っていないコーキング材ですので、この上に塗装を施しても塗膜に悪影響を及ぼすことはありません。


DSC_1368
DSC_1367
コーキングが乾きましたら、毎度おなじみの養生です。サッシ等、塗装しない箇所をビニールの付いたテープで養生し、塗装工事に入ります。塗装職人さんは驚くべきスピードで養生を施していきますのでいつも感心します!この時、コーキング材にもテープをはりますので、しっかりとコーキング材を乾燥させることが大変重要です。乾燥が不十分ですと、テープを剥がす際に、一緒にコーキング材もめくれてします場合があるためです。
DSC_0021
DSC_0024
DSC_0117
DSC_0131

塗装工事は下塗り、中塗り、上塗りの3工程で仕上げます。まずはカチオンシーラーで下塗りをします。下塗り材でかっちりと外壁の表面が固まりましたら、中塗り、上塗りと新しい外壁の色を重ねて塗ります。今回、お施主様には明るい色とのご希望をいただきました。明るい可愛らしい仕上がりとなりましたので、足場の解体が待ち遠しいです。

続いては漆喰の打ち替えの現場から。コーキングと同様、劣化した漆喰を手作業で丁寧に剥がしていきます。大変手間の掛かる作業ですが、古い漆喰はきれいに撤去しないと、新しい漆喰もろとも剥がれ落ちてしまいますので注意が必要です。古い漆喰の撤去後、新しい漆喰を塗って乾かし、最後に黒い帯を入れます。合計で3日かかる大変な工程ですが、仕上がってみると、やはり丁寧な仕事は美しいですね。


DSC_0010
DSC_0105

プリント鋼板の張り替えの現場ですが、昔の施工方法のお家ということもあり、コンクリートの基礎を打っていない箇所がありました。プリント鋼板は亜鉛メッキ製で、直に地面(土)に触れ続けると、水分で腐食してしまいますので、地面(土)に触れる部分はステンレス製の平板を当てました。
IMG_0188
IMG_0190
IMG_0201

そこからガルバリウム鋼板製の土台水切りを取り付け、新しいプリント鋼板を張っていきます。建物に対して基礎が出っぱっている箇所がありましたので、自社で加工した土台水切りを取り付けます。


DSC_0090

また、破風板や瓦と外壁の取り合い部分等、細かい部分も板金でカバーして納めました。板金屋さんの腕の見せ所です!


DSC_0096
DSC_0095

外壁をリフォームしますと、一気に新築のような美しさを取り戻します。特にプリント鋼板のお家はリーズナブルに張り替えが可能ですので、本当にお勧めですよ!


DSC_0198


当社は姫路・たつの・太子・相生・宍粟で地域密着の屋根カバー専門店です!20,000棟を超える施工実績で培った技術と経験で、お客様に感動をお届けいたします!ドローンでの屋根診断・外壁診断、雨漏り調査、お家のそとのリフォームのことなら、なんでもご相談ください!