このページのトップへ
ホーム » スタッフブログ » スタッフブログ » 相生市瓦葺き替え たつの市屋根葺き替え、プリント張り替え ドローン屋根調査 サッシカバー 外壁塗装工事 板金加工 増築部屋根板金工事、外壁板金工事

相生市瓦葺き替え たつの市屋根葺き替え、プリント張り替え ドローン屋根調査 サッシカバー 外壁塗装工事 板金加工 増築部屋根板金工事、外壁板金工事

この記事についているタグ:やねリフォかべリフォといリフォ
瓦の葺き替え工事も終盤です。棟といった細かい部位を納めて瓦の工事は完成となりますが、次に板金で外壁と屋根の取り合い部を納めたり、カットした外壁のモルタルの復旧工事や、雨樋の架け替え工事に入ります。瓦の葺き替え工事といいましても、屋根は外壁や雨樋といった様々な部位とからんでいますので、付属する工事は意外と沢山あります。


DSC_0961
DSC_0967

雨水が流れ込む”谷”にはステンレスの板金を仕込みました。非常に勾配ののろい屋根ですので、壁際を立ち上げたり、できるだけ勾配がとれるように板金を工夫して加工します。この後、瓦を葺くと大部分が隠れてしまう部位ですが、これだけしっかりとした施工がなされていれば安心です。
DSC_0887
板金仕事といえば、当社はネタに事欠きません。今週は家具の銅板の張り替えの依頼をいただきました。古くなった銅板を撤去して、新しい銅板を加工して張っていきます。今回は底を箱状に作ってから、側面の壁を作成し、半田付けして仕上げました。銅板は最初ピカピカしていますが、緑青(青緑色の錆)に表面が覆われて、良い雰囲気に変わっていきます。
DSC_0998
DSC_1004
DSC_1005
DSC_1007
DSC_1012

さらに板金仕事は続きます。古くなったプリント鋼板の張り替えです。プリントをめくると、土壁が現れました。下地の胴縁(木材)も弱っておりますので、釘が効かない部分は取り替えます。胴縁は土壁に埋まっており、全部交換することは大変な作業になってしまいますので、必要な部位の補修で納めていきます。


DSC_0946
DSC_0952

天気予報によると、今週は雨が少ない週とのことでしたので、屋根の葺き替え工事を進めました。既存の屋根を撤去すると、雨のたびにヒヤヒヤしますので、できるだけ雨が降らないタイミングを選んで着工します。今回は瓦は葺き替えずに、板金の屋根のみを葺き替えますので、まずは板金の屋根と瓦の屋根がぶつかる部分の瓦を撤去します。


DSC_0922
DSC_0925

瓦の下には土がたっぷりとのっていますので、根気よく清掃をして土を取り除きます。そうこうしていると、なんだか雲行きが怪しくなり、にわか雨が降り出しました。雨を漏らしてはいけませんので、急ピッチで作業を続けます。すぐに太陽が顔をのぞかかせはじめ、ふと見上げると大きな虹が出ていました。それも二重になっています!あまりの美しさに、職人さんとしばし見とれてしまいました。

DSC_0930
IMG_0124

板金の屋根を撤去して、下地の木材の確認をしましたら、構造用合板を重ね張りして補強し、ルーフィング(屋根用の防水シート)を施工します。ルーフィングを施工すると、雨漏りについても一安心なのですが、夜のうちに天気が崩れそうでしたので、ブルーシートで多い、風で飛ばないように胴縁で押さえました。


DSC_0935
IMG_0134
IMG_0129
DSC_1043



また、今週はガイソー明石店様(ワンエココーポレーション合同会社様)を訪問させていただきました。当社はガイソー姫路店でもあるのですが、ガイソーグループは全国で展開している外装リフォーム(そとまわりのリフォーム)専門店のグループで、グループの加盟店間での情報交換や、意見交換を行うことができ、大変勉強になります。

DSC_0936
ガイソー明石店様は、屋根のリフォームが得意な会社様で、特にドローンでの屋根調査に力を入れられており、当社とも似通ったところがありますので、親近感を感じます。ドローンでの取り組みについても色々お話しくださり、ありがとうございました!


DSC_0937
DSC_0938

さて、今週のドローンでの屋根調査ですが、カラーベストの屋根で雨漏りを起している物件です。雨漏りの箇所から棟が怪しいのですが、全体的に色あせてはおりますものの、大きな屋根材の破損もみられませんでした。そこで、今回は当社お得意の、屋根カバー工事をご提案することになりました。


DJI_0679
DJI_0686

外壁塗装工事も進んでおります。高圧洗浄後、塗装しない部分はしっかりとマスカー(テープの付いたナイロン)で養生し、外壁のひび割れの補修を行います。ひび割れの大きさによって補修方法は異なりますが、今回はひび割れをコーキングで埋めてから塗装を施します。下地材に微弾性フィラーという材料を使いますので、少々のひび割れはその下地材だけでも埋まります。下地の処理後、中塗り、上塗りと合計3回の重ね塗りで仕上げます。今回は高耐久な2液の水性フッ素塗料で仕上げます。


DSC_0913
DSC_0913

そとまわりのリフォームでちょくちょくいただくご相談がサッシです。壊れて開かなくなった勝手口のドアを、カバー工法で修繕しました。カバー工法とは、既存のサッシのフレームに、新しいフレームを重ねて施工する工事方法です。この工事方法ですと、サッシ廻りの外壁を撤去する必要もなく、工事も1日で終わります。私が別の現場へ行っている間に、ドアがすっかり新しくなってしまっておりました。やっぱり新しドアはいいですよね!


DSC_1047
DSC_1079

増築部分の屋根と外壁の板金工事がスタートしました。増築部の棟が上がりましたので、屋根に防水シートを施工し、屋根の寸法をとるところからはじめます。今回、”たて平葺き”の屋根材を使用します。屋根の水上から水下まで1枚で通った板金の屋根材です。オーダーメードの屋根材ですので、発注の際は緊張します。寸法を間違えると大変なことになってしまいますので…
DSC_1013


当社は姫路・たつの・太子・相生・宍粟で地域密着の屋根カバー専門店です!20,000棟を超える施工実績で培った技術と経験で、お客様に感動をお届けいたします!ドローンでの屋根診断・外壁診断、雨漏り調査、お家のそとのリフォームのことなら、なんでもご相談ください!




ホーム » スタッフブログ » スタッフブログ » 相生市瓦葺き替え たつの市屋根葺き替え、プリント張り替え ドローン屋根調査 サッシカバー 外壁塗装工事 板金加工 増築部屋根板金工事、外壁板金工事