このページのトップへ
ホーム » 施工例 » たつの市屋根カバー、外壁塗装、雨樋架け替え、気になる屋根のコケとコーキングの切れを解消!

たつの市屋根カバー、外壁塗装、雨樋架け替え、気になる屋根のコケとコーキングの切れを解消!

この記事についているタグ:やねリフォかべリフォといリフォ
以前、職場にされている別棟の屋上防水工事をさせていただきましたお客様で、母家の屋根のコケが気になられているご様子でしたので、屋根カバー工事を提案させていただきました。また、外壁のコーキングも切れておりましたので、屋根と外壁と、そとまわりのリフォームをご提案させていただきました。


DSC_0193

少し前に、お施主様のご近所で別のお客様の屋根カバー工事をさせていただいておりました。その現場の前を通られるたびに、工事の様子をご覧になられていたそうで、百聞は一見に如かず、すぐに工事のご希望をいただきました。

今回使用した屋根材は、30年ものメーカー保証がついており、見た目にも非常に美しいので、現場や写真をご覧になられたお客様からすぐに工事のご希望をいただくことが多いです。屋根カバー工事は屋根の葺き替え工事とは違って、既存の屋根材を撤去しませんので、工事中の雨漏りのリスクもほとんどなく、新しい屋根材を葺きますのでどんなに高耐久な塗料を使った塗装よりも、はるかに高い耐久性をほこります。


まずは仮設足場を設置します。屋根の工事も行いますので、軒先から1,000mm高く設置し、メッシュシートを張ります。職人さんや道具、材料の落下防止と、近隣へのごみやほこりの飛散を防ぐ役割があります。特に今回は外壁の塗装工事も行いますので、塗料が近隣へ飛び散ったりしないよう、しっかりと養生が必要です。
DSC_0500

屋根のカラーベストには屋根材の色あせとコケが見られました。屋根材の防水性が失われているサインですので、屋根のメンテナンスが必要な時期を迎えています。


DSC_5558
DSC_0510

他にも棟の板金の色あせや、板金を下地にとめている釘の抜けがみられました。長年にわたって紫外線や風雨にさらされ続ける屋根は、お家の中で最も過酷な環境にあると言って過言ではありません。また、軒樋に草が生えていました。軒樋の中に泥やほこり、コケがたまってしまい、風や鳥のフンで運ばれてきたと思われる草の種が発芽してしまったのでしょう。草は根をはりますので、このまま放置しておりますと、さらなる樋の詰まりを引き起こすおそれがあります。


DSC_0511
DSC_0511

まずは高圧洗浄で屋根や外壁のコケやカビ、汚れをキレイに洗い流します。カラーベストの場合、表面の塗膜が劣化しておりますので、高い圧力をかけて洗浄を行いますと、劣化した塗膜がとれて色が薄くなります。


DSC_0068
DSC_0089

棟の板金を外しますと、下地の木材が露出します。屋根カバー工事の際には、古い棟といった板金やその下地の木材は一旦撤去して、新しい屋根材を施工した後で新設します。


DSC_0091
DSC_0095
DSC_0096

まずは軒先の板金(スタータ)をビスで取り付けていきます。軒先を包むように取り付けて、このスターターに一番軒先の屋根材を引っかけて葺き始めます。


屋根専用の防水シートである”ルーフィング”を施工します。雨水の流れを阻害しないよう、水下から水上に向かって張っていきます。一番水下になるスターターは、ルーフィングの下に潜り込ませます。

屋根材を荷揚げして葺いていきます。新しい屋根材はビスでとめ付けます。ビスは古い屋根材(カラーベスト)を貫通させて、下地にしっかりと固定します。ビスどめした箇所は、一段上の屋根を葺くとその下に隠れてしまう構造になっておりますので、ビス穴が屋根の表面に出てくることもなく、雨漏りの心配もありません。
DSC_0098
S__8503300
S__8503299
S__8503301
S__8503301

新しい屋根材を葺き終わりますと、棟の下地となる木材を取り付け、棟の板金を取り付けます。ジョイント部分には耐熱性のあるコーキング材を打って納めます。


S__8503303
S__8503305

棟の中央には、”換気棟”と呼ばれる部材を取り付けます。小屋裏の熱気や湿気を屋外へ排出する棟の部材です。新しい屋根材を葺く前の写真で、実際に屋根に穴があけてあるのが確認できます。夏場の暑い時期には室内の温度上昇を抑制し、冬の寒い時期には結露防止が期待でき、住まいの快適性を保つだけでなく、お家の構造体である木材の劣化防止にも期待が持てます。また、”換気棟”は空気の通り道が非常に複雑な迷路のような形状をしておりますので、雨が小屋裏に浸入することはありません。


DSC_0197
DSC_0090

続いて外壁の工事に入ります。外壁も屋根と一緒に高圧洗浄でしっかりと汚れを落とし、コーキングの打ち替えからスタートです。今回お施主様は、コーキングの切れについても、外壁内へ雨水が侵入してしまうのではないかとご心配されておられました。


DSC_0502
DSC_0503

確かにコーキングが紫外線で劣化して切れてしまいますと、そこから雨水が外壁内に浸入してしまいます。雨水が浸入してしまいますと、いずれ外壁内のお家の構造体である木材を腐らせてしまうことにつながりますので、コーキングが切れてしまいました場合には早めの対処が必要です。

古いコーキング材を撤去し、マスキングテープで養生してから、”プライマー”と呼ばれる接着剤の役割を果たす下地材を塗っていきます。この”プライマー”の有無で、後々のコーキングの耐久性に雲泥の差が生まれます。

”プライマー”のあと、新しいコーキング材を打ち込んでヘラで押さえてから養生のマスキングテープを外して完成です。今回は塗装を施すこともあり、”ウレタンノンブリード”のコーキング材を使用しました。可塑剤とよばれる添加薬品を使用していないことで、塗装の塗膜に害を及ぼさないコーキング材です。
DSC_0501
DSC_0166
DSC_0163
DSC_0201

しっかりとコーキングを乾かしてから、塗装工事のスタートです。まずは塗装しない窓や玄関ドア等をしっかりとマスカー(テープのついたナイロン)で養生していきます。


DSC_0340
DSC_0340

軒天(屋外にある天井部分)はアクリルカチオン塗料で仕上げます。紫外線が直接当たる場所というよりは、雨水が伝わってきて水がまわりやすい場所ですので、塗料表面の耐候性というよりは、素材(この場合は軒天材)への塗料の密着性を考慮します。


DSC_0344
DSC_0347

外壁はサイディングのひび割れを補修したのちに、カチオンシラーと呼ばれる下地材を1回、その上に2液水性フッ素塗料を2回、合計3回重ね塗りをして仕上げます。高価な塗料ではありますが、非常に高耐久の塗料で、末永く外壁をキレイな状態に保ってくれます。


DSC_0441
DSC_0443
DSC_0491

鉄板部と破風板(軒樋を取り付ける場所)は1液弱溶剤のフッ素塗料で仕上げました。

最後にベランダの防水と、新しい雨樋を掛けて完成です。お施主様には「キレイになった!」と喜んでいただけ何よりでした。また別棟の塗装の際には、ぜひお声掛けくださいね!
DSC_0452
Before|After


DSC_5556
DSC_0199
Before|After


DSC_5532
DSC_0168 (1) /


当社は姫路・たつの・太子・相生・宍粟で地域密着の屋根カバー専門店です!20,000棟を超える施工実績で培った技術と経験で、お客様に感動をお届けいたします!ドローンでの屋根点検・外壁診断、雨漏り調査、お家のそとのリフォームのことなら、なんでもご相談ください!




ホーム » 施工例 » たつの市屋根カバー、外壁塗装、雨樋架け替え、気になる屋根のコケとコーキングの切れを解消!