このページのトップへ
ホーム » スタッフブログ » スタッフブログ » たつの市 屋根・外壁・雨樋リフォーム 屋根・外壁塗装工事(ガイナ) 足場組み、屋根・外壁状況点検

たつの市 屋根・外壁・雨樋リフォーム 屋根・外壁塗装工事(ガイナ) 足場組み、屋根・外壁状況点検

この記事についているタグ:やねリフォかべリフォといリフォ
断熱塗料ガイナの現場です。まずは軒天(天井部分)の塗装から。軒天はアクリルカチオン塗料で仕上げます。アクリルカチオン塗料は塗装する対象に対して塗料の密着力が強く、雨水がまわりやすい軒天に向いている塗料です。マットな質感の仕上がりで、色合いは新築時の軒天の再現を目指しています。

次にお待ちかね、断熱塗料ガイナの登場です。紫外線で色あせてグレーっぽくなった外壁に、ブラウンのガイナを塗っていきます。まずはカチオンシーラーと呼ばれる下地材で外壁(サイディング)の表面を塗ってから、ガイナを塗ります。
DSC_0448
DSC_0446
DSC_0485

ガイナは通常の塗料とは違い、セラミックを外壁に塗布していくようなイメージです。写真でもわかるように、マットな仕上がりで、色のバリエーションも通常の塗料ほどは取り扱いが多くないのですが、パステルカラーのような色合いとなって、全体的に可愛らしい雰囲気に仕上がります。写真はガイナの1回塗りの段階ですが、さらにこの上から2回目の重ね塗りをして仕上げます。

次は屋根カバー、外壁塗装を行う現場で足場を組みました。


DSC_0500

足場を組んだら早速足場と建物のチェックをします。足場が玄関や勝手口等、お施主様にとって危険がないか、また、作業をする職人さんにとっても危険がないか、作業性が悪くならないか確認をします。



今回のリフォームの決め手となったコーキングの割れですが、2Fもサッシ周りもぱっくりと割れていました。コーキングが切れていますと、雨水が外壁内に浸入してしまい、最悪の場合にはお家の構造体でる木材を腐らせてしまいます。そうなると、外壁内の木材を取り換える等、非常に大掛かりな工事が必要となってしまいますので、早めのメンテナンスが大切です。

コーキングのメンテナンスは、古くなったコーキング材を撤去して、プライマーと呼ばれる下地材(接着剤の役割を果たします)を塗布し、新しいコーキング材を充填します。塗装の際にはコーキング材の中でも、“ノンブリード”と呼ばれる材料を使用します。“ノンブリード”のコーキング材は、可塑剤(かそざい)と呼ばれる添加薬品類が入っておらず、塗装を施す前提の場合に使用するコーキング材です。可塑剤などの配合成分が入っておりますと、それらが数年後に表面ににじみ出てきて、塗装の塗膜を溶かしたり、シワを発生させたり、べたつきで汚れを生じさせたりしてしまいます。この現象を“ブリード現象”といいます。この現象を起こさないので、“ノンブリード”なんですね。
DSC_0501
DSC_0503
DSC_0502

塗装工事のお見積りの際に、他社さんと相見積になって、お施主様が他社さんの見積もりを見せてくださることがあります。その際に、とんでもなく安いお見積りを目にすることがあるのですが、「ちゃんと古いコーキング材を撤去するのだろうか…」、「ちゃんとプライマーを塗るのだろうか…」、「ちゃんと塗装に適したコーキング材で仕上げるのだろうか…」と心配になってしまいます。

本来、コーキングは手間のかかる工事ですし、コーキング専門のプロの施工業者さんがおられる業界です。もちろん企業努力で安くよいサービスを提供されている施工業者さんもおられるのでしょうが、あまりに安すぎると心配になってしまいます。もちろんお施主様にとっては、ご予算もありますし、やはり安いにこしたことはありませんが、後々のことを考えると、信頼できる施工業者さんに依頼されることが大切ですよね。


DSC_0509
DSC_0511

最後は屋根に登って点検をします。カラーベストの屋根は、長年の雨で表面の塗装が劣化して、コケが生えてきてしまいます。コケが生えますと、根っこを張りますので、雨水の流れを阻害してしまい、よい屋根材の基材自体を傷めてしまいます。今回は屋根のカバー工事をするのですが、当社では高圧洗浄できれいにコケを落としてから、新しい屋根材でカバーして仕上げます。カバー工事の前に、高圧洗浄をするという施工業者さんは実はかなり少ないそうです。ほとんどの場合、コケはそのままカバーしてしまうそうですが、コケが多い場合にはあまり気持ちのいいもはではありませんよね。

雨樋(軒樋)にはうっすらとコケが溜まっており、上合(軒樋と縦樋の接合部の部品)には草が生えておりました。長年の雨で泥が溜まったりして、そこに草が生えてしまうケースが多々ありますが、草が生えてしまうと根っこをはりますので、雨樋が植木鉢のような状態になってしまい、樋を詰まらせて雨水が溢れてきてしまいます。今回は雨樋は新しいものに架け替えます。雨樋のデザインもかわりますので、仕上がりが楽しみです!





姫路・たつの・太子・相生・宍粟で屋根、外壁、雨樋、外まわりのことなら、そとリフォへご相談ください!20,000棟を超える施工実績でつちかった技術と経験で、お家の外装をトータルプロデュースいたします!
屋根診断、外壁診断、雨漏り調査、屋根の葺き替え、屋根カバー、外壁塗装、コーキング、サイディング工事、樋の架け替え、屋上・ベランダの防水工事、ドローン屋根点検、なんでもお気軽にご相談ください。
HP管理:川戸