このページのトップへ
ホーム » 施工例 » たつの市 瓦屋根谷板入れ替え工事 これで雨漏りも安心!

たつの市 瓦屋根谷板入れ替え工事 これで雨漏りも安心!

この記事についているタグ:やねリフォ
たつの市は、瓦屋根のお家が非常に多い地域なのですが、雨漏りのご相談をいただいて、屋根の点検を行いますと、銅の谷板に穴があいてしまっているというケースが多々あります。

谷とは、右の写真のように、屋根の形状から、雨水が集中してしまう、ちょうど“谷”の形になっている屋根の部位をいいます。ここには“V”字型の谷板と呼ばれる板金が仕込んであるのですが、銅板やガルバリウム鋼板、ステンレスといった素材でできています。
2
IMG_8112
IMG_8114
築40年ほどのお家には、銅製の谷板がよく使われているのですが、長年雨水が同じ部位に流れ続けることで、谷板に穴があいてしまうことが多いです。銅は雨樋や水切りといった板金にも使用されますが、赤茶色になっていましたら要注意です。シャープペンの先で少しつつく程度でも穴があいてしまうくらいに、もろくなってしまっております。

一説によると、陶器瓦の釉薬との相性が悪く、穴があいてしまうという説もありますが、瓦メーカーはそれを否定していましたり、今一定かではないようです。

今回のお宅は、写真のように、以前にもコーキングで穴をうめて補修した形跡が見られましたが、別の箇所にも穴があいてしまっていたり、赤茶色に銅板が薄くなってしまっている部位が広範囲に及んでおり、谷板自体を入れ替えることとなりました。工事手順は以下となります。

3
谷板まわりの瓦を撤去します
谷板まわりの瓦を撤去します
谷板を撤去します
土葺きの屋根の場合は土をきれいに清掃します
新しい谷板を取付ます
サビに強いステンレス製の谷板へ交換しました

最後に瓦を戻して完了です!
この時、割れや欠けが見られる瓦や、近い将来割れてしまうであろう予備軍の瓦は、新しい瓦への差し替えがお勧めです。

谷板の入れ替え工事は、瓦屋根のお家で非常に多い工事です。築30〜40年たったお家で、銅板を使用されている場合には、雨漏りで天井に染みがついてしまう前に、一度屋根の点検をお勧めします。
IMG_8184



姫路・たつの・太子・相生・宍粟で屋根、外壁、雨樋のことなら、そとリフォへご相談ください!20,000棟を超える施工実績でつちかった技術と経験で、お家の外装をトータルプロデュースいたします!
屋根診断、外壁診断、雨漏り調査、屋根の葺き替え、屋根カバー、外壁塗装、サイディング工事、樋の架け替え、屋上・ベランダの防水工事、ドローン屋根点検、なんでもお気軽にご相談ください。
運営会社:株式会社ケイシン HP管理:川戸

★★★板金・瓦・サイディング職人さん大募集中!★★★